正月早々ドライブシャフトのブーツが破ける

昨日タイヤを冬用に交換しようとして、右ドライブシャフトのブーツが破けとるのを発見した。
西日本、今年は温いんでタイヤ交換が今頃になった。早朝は走らんけんね。
右前輪を外すとブーツがパックリいってグリースが飛び散っとった。あ~あ。
でも早う見つけて良かったと言うべきか。飛び散ったグリースが乾いとらんので、それほど長くは経っとらんじゃろう。
車屋へ持ってくと、すぐに直せると言う。へー、ディーラーでもないのに部品の在庫あるんだ。それほど需要がおいいゆうことじゃね。写真は交換後のものだ。
ついでにオイルもエレメントも交換して1時間少々。合計15,000円程度になったがまあしょうがないね。
ドライブシャフトのジョイントにベアリングが入っとって、それをブーツで覆って中にグリースを詰めとるんじゃけん、破れに気付かんかったら次にはベアリングがダメになるよ。さすがにそうなるとゴロゴロ音がするんで分かるけど。
でも調べてみるとこのブーツはDIYでも交換できるらしい。割れブーツいう縦に2つに分かれたんがあって、割った張り子を合わせるようにしてくっつけると、シャフトを外さんでも交換できるみたいだ。なるほどねえ。本来はプロの手間を省くためだろうが。部品は割高だけど作業代を考えると安くなるということだ。
でもまあ、左側は去年変えたし当分は大丈夫だろう。

#FBpost

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする