プレバトの俳句を見る 2017年 1/12 1/19

あっという間に月日が経ってしまい、プレバトの正月特番はパスしてしまった。では先週のから印象句を。

お題「冬の隅田川」(1/12)

雪解の水面に冴える碧の空  広瀬アリス(2位 凡人 60点)

季重なりの上に発想が平凡。先生、よく60点もつけたな。

夏井先生の添削  雪解の水面に空の碧あたらし

完全に技術だけで仕上げた添削だなあ。まあ俳句は技術だもんね。「あたらし」の所はクイズになってたけどわからんかった。


忘れるな冬晴越えて東北へ  北山宏光(1位 才能あり 70点)

今週はめちゃくちゃ甘い。先生どうしちゃったんだろう?不作だったから?でもこの上五はないよな。

夏井先生の添削   祈りいま冬晴越えて東北へ

もう全く違った句になったね。これなら文句なしに才能ありだと思う。


雪晴れの高き川面の電波塔  ミッツ・マングローブ(特待生4級からの昇格試験

「高き」から「川面」への落差がいいと思った。ただこれだと「高き」が連体形か終止形か上五へかかるか後へかかるかがよくわからない。結果はワンランク昇格。

夏井先生の添削  雪晴れや高き川面の電波塔

もう100%この方がいいよね。むしろミッツ・マングローブがなぜこれに気が付かなかったかが不思議だ。

それでは拙句。

一歩ずつ恐る恐るや都下の雪
川光る初雪積もる殊の外
初雪や隅田は風の通り道

何かつまんねえ句。だめじゃん。

お題「梅と飛行機」(1/19)

プレバトにしては面白い取り合わせのお題だな。

飛行機の暴力が空梅香る  湯山玲子(3位 才能あり 65点)

まあこうゆう俳風もあるにはあるけどね。中七の断定がどんなもんだろうか。荒っぽすぎん?

夏井先生の添削  飛行機の暴力空へ香る梅

なるほどー、全然違うな。まとまった良い句になった。さすがです。


君の目に歪んで映る梅と僕  中山優馬(2位 才能あり 70点)

いい句じゃん。飛行機がないけど。連続最下位の人とは思えんな。

夏井先生の添削  君の目に歪める紅梅と僕と

先生これは高等技術でしょ。勉強になるけど。ここまで行けば名人だよ。


春一番吹く風ただよう飛行雲  松崎しげる(最下位 才能ナシ 37点)

これ37点は厳しいなあ。今回はレベルが高かったので損してる。普通なら凡人だろう。
と思ったけど、飛行機雲を略したのがまずかった。吹く風の重なりとで合わせ技を取られたか。

夏井先生の添削   春一番崩れただよう飛行機雲

なるほど。しかし梅はどこ行った?今回のお題は梅と飛行機を取り合わせるのが難しいし、またそこが妙味だと思ったんだけど、そうじゃない句が多い。
最後に先生から「凡人は見えてる才能ナシ」だとのフォローがあった。やっぱり構成上しょうがなかったのか。


ジェット機の音轟くや梅揺れる  柳ゆり菜(1位 才能あり 71点)

中七で動詞の後に「や」を入れて切るところなんか、勉強の跡が見える。なんか実感のある句だ。

夏井先生の添削  ジェット機の轟く空や梅揺れる

轟くのだから「音」はいらないという指摘。なるほどね。空を入れることで景色が広がった。


紅梅や1km10秒縮めたり  東国原英夫(特待生1級からの昇格試験

飛行機いないじゃん。特待生なんだから厳しくいきたいもんだが。それほど良い句とも思えないしなあ。
結果は1ランク昇格。
先生は絶賛だけど今回はどうも納得いかなかった。

夏井先生の添削  紅梅や1km10秒縮めた朝


ついでに拙句。

搭乗に少し間のある梅見かな
ゲート出で成田の山の梅探る
初梅や今日も乱れし空の便
梅咲きぬイミグレーションカウンター (1/21追加)

俺っちは梅と飛行機を両方入れるよ。句自体はなんてことないもんだけど。
てことで、ちゃんちゃん。

#FBpost

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする