新米刑事モースはindeedと言った

へ〜、イギリス人てindeedて相槌を打つのか。イマジカBSの「新米刑事モース 情事のスケルツォ」回。デパートの若い社長とモースがindeedの打ち合いをする場面があった。上のキャプチャは社長の方ね。
同じ刑事物でもアメリカのCSIなどだとexactlyとかの相槌がおいいみたいだ。ニュアンスが違うんかもしれんけど、英語に不自由な俺っちなんで詳しくは分からん。
新米刑事モースは好きでいつも録画しとる。しかし2時間ドラマの上に暗い。進行が遅く途中で疲れてしまう。一息に見れず大抵2回に分けて見とる。イギリスもののテンポの遅さは日本のドラマに似とるかもしれない。(除く「シャーロック」)
シャーロックで思い出したが「YOUは何しに日本へ」のスタッフが、空港でたまたまベネディクト・カンバーバッチの来日に出くわした回があった。なんとスタッフは彼を知らなかったが、出待ちの群衆に揉まれながら必死に呼びかけて、なんとかコメントをもらった。あの時は笑うたね。

#FBpost

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする