CD の音楽をスマホへ送り、歌詞を表示させる (2)歌詞を表示させる3つの方法

前回、MediaGoを使いCDからflacファイルを作りスマホへ送った。

CD の音楽をスマホヘ送り、歌詞を表示させる (1)CDからパソコンへ取り込みスマホへ送る
CDからパソコンに取り込む 以前は音楽ファイルのフォーマットといえばmp3だったが、今はflacに移ってきてるようだ。mp3に比べると...

次にこれを再生しながら歌詞を表示させる方法だ。これにはいくつかある。

歌詞を表示させる3つの方法

1.専用アプリを使う

プチリリ、Music.Jp、カシレボとかのアプリを使う。これが一番簡単。スマホで音楽を再生すれば、歌詞を取得してカラオケみたいに現在の再生位置をマーキングしてくれる。
何も考えることがないので、面倒なことが嫌な人はこれを使えば良いだろう。ただ完全にアプリに依存しているのでサービスが終了するとどうにもならない。

プチリリ

Music.Jp音楽プレイヤー

カシレボ

横位置

2.音楽ファイル内のタグに自分で書き込む

スマホでStarMusicTagEditorなどのタグ編集アプリを使い、flacファイル内の歌詞 タグに、コピーしてきた歌詞を貼り付ける。mp3でも同じようなことはできるだろう。
難しそうだけどやってみれば簡単だ。しかし一々調べてないが音楽プレイヤーによっては認識しない。ていうか対応しているアプリがあまりない印象。
それに再生位置のマーキングもしてくれないので、上記のようにカラオケ的なアプリがある以上あまりメリットがない。ただお気に入りの音楽プレイヤーで表示が可能なら、それなりに意味はあるかもしれない。

3.スマホのMusicフォルダ内にlrcファイルを置く

lrcというのはソニーが開発したフォーマットらしい。
まずMediaGoで音楽ファイルと同名のlrc歌詞ファイルを作る。それを音楽ファイルと同じフォルダー内に置いておけば、再生と同期して読み取ってくれるというものだ。
ただこれも再生に対応している音楽プレーヤーは少ないようだ。俺っちの環境で対応が確認できたのは、Huaweiのスマホに標準で搭載されているプレーヤーと国産の音楽プレーヤーMedolyだけだった。 試してないけど有料アプリのPowerampでもプラグインを入れるとできるという話。

Huaweiのプレイヤー

Medoly

しかしlrcファイルを作るのは時間の掛かる作業なので、聞き流すだけならこんなことをする必要はない。
が、俺っちはこれに対応しているMedolyという音楽アプリを気に入っていて、これを使うためなら少々面倒な作業をやってもいいかなと思っている。
このlrcファイル、中身は単純なテキストファイルなので他のアプリでも作成できるけど、今回はMedeiaGoで作ってみた。次にはこのlrcファイルの作成とMedolyについて書こう。
(続く)

#FBpost

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする