年を取るといろんな能力が衰えるのを自覚しておく必要がある@ガッテン

最近キッチンでガスを点ける度に思い出すことがある。それはガッテンで前にやっていた「年を取ると炎の青い色が見えにくくなる」いうことだ。その時の実験では、若い人と比べて年寄りは炎の長さがかなり短く見えとった。炎の先の薄い色を見る力が衰えていて、実際より短く炎を見てしまう。そのため服に燃え移ったりする事故が起こり勝ちと言ってた。

ガッテンでは、耳鳴りのメカニズムを解説してた回もあった。俺っちも年を取ってから耳鳴りがするようになった。これは高音を聞き取る能力が弱まり、それを脳が感知して自動的に高音をブーストする。脳の中には多数の信号が飛び交っているので、そのノイズを拾い耳鳴りが発生するということだった。脳ってある意味すごい。俺っちの場合、耳鳴りは気にならんので問題ないんだけど。

最近取り上げられることの多い運転時の能力も明らかに衰えているだろうから、それを自分で自覚しておく必要は絶対にあるんだな。まあ前から自分の感覚をあんまり信用せんようにはしとるけどね。

#FBpost

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする