オープンオフィス・カルクのファイルをエクセルオンラインで開いてみた

今はエクセルの製品版を持っていない。代わりにフリーのオープンオフィス・カルクを使っている。
普通に請求書や簡単な帳簿を作るにはこれで十分なのだ。
エクセルも最近はモバイル版やオンライン版が出ていて、これはマイクロソフトのアカウントがあればフリーで使える。フリーの場合、できたファイルはクラウドのOneDriveに収納される。
こないだ製品版エクセルを使っている人へ、急遽ファイルを作って送る必要があった。
とりあえずオープンオフィスで作り、エクセル用に.xlsファイルで出力してみたら文字化けしていた。
その時は何とか収めたが、今考えると古いバージョンで出力していたのだった。

97/2000/XP用で出力すれば問題なかった。

厳密に言えば両者は形式が違うので完全に同じにはならないのだが、簡単な計算程度では問題ない。
ではこれをエクセルオンラインで開くとどうなるかと思いやってみた。
結果的に、カルクの.odsファイルをアップロードすると、ちゃんと開けるけど保存も.odsのままだ。エクセルファイルに変換されるわけではない。
そもそもエクセルオンラインは自動保存になっていて手動保存の選択肢がない。
カルクで出力した.xlsファイルをアップロードするとどうなるかと言うと、これはちゃんと現在のエクセルファイル.xlsxに変換して保存されていた。

エクセルオンラインから印刷もしてみた。
印刷画面が単純。製品版みたいな細かい印刷設定がない。シートそのままで印刷するとえらく小さくなった。範囲選択して印刷すればまあまあな感じにはなるが、セルの背景カラーが出なかった。良いやり方があるのかも知れないけど、印刷は一応できるといった程度の扱いなんだろう。

でもこれで、カルクで作っていたファイルをエクセルファイルに変換し互いにやり取りする、といった用途には使えるというのが判明した。

#FBpost

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする