テニススイスバーゼル大会のズベレフ兄

テニスバーゼル大会の一回戦、ズベレフ兄対メイヤーの試合を見た。
歳の離れた弟が大ブレイク中のズベレフ。
兄の方はダブルスが主戦場なんだけど、シングルスでもダブルスみたいに全球サーブアンドボレーで貫く。今や絶滅危惧種だ。
ストローカーとの対戦を見るのは面白いのだが、なんか時間が30年戻ったような変な感じがした。
同時になぜサーブアンドボレーヤーがほぼ絶滅したか理解できたような気がした。セカンドサーブになるといとも簡単にリターンエースを決められてしまうのだ。ラケットの性能やリターン技術の進化が原因だろう。
結局ストレートで負けてしまったズベレフ兄。スタッツを見ると、やはりセカンドサーブでのポイント取得率の差が原因のようだった。
でもこういったダブルス主体の選手の方がアマチュアの手本にはしやすいのだ。

#FBpost

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする