今更ながらピタゴラスイッチが好き

今更ながらピタゴラスイッチが好きで、朝放映のミニ版をいつも録画して見とる。
長年続いてる番組だけど、次々に進化しとって中々隅に置けん。
好きなコーナーは、ピタゴラ装置は当然として、こんなことできません、アルゴリズム行進MAX、ブラックボックス人問題、など。
ピタゴラ装置では、デーモン閣下の歌う「装置153番のマーチ」をバックに、次々に失敗する撮影過程をダイジェストで映したのが数年前に放映された。テイク54でやっと成功したんだった。
これは今でも時々放映されとるが、それ以来成功の裏にある失敗を想像するのも楽しみになった。ここんとこはかなり失敗したんだろうなとか。使っとる部品も身近なものばっかりで面白いし、そう来たかといった新しいパターンも開発されとる。
最近はビー玉3兄弟の冒険といったストーリー仕立てのまで出現。今だに進化しとるんだ。
こういった色々は、慶應大の佐藤雅彦研究室とその卒業生を母体としたユーフラテスというグループが制作しとるそうだ。

#FBpost

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする