酒に弱い下戸は中国南部が起源?

たまたま俺っちみたいにアルコールに弱い人の分布図を見た。正確には持ってる分解酵素が少ない人ということだ。「ALDH2 分布」で検索して画像を見るとよー分かる。一番この酵素を持たんのは中国南部の人。日本もかなりの方だ。

体内に入ったアルコールはアセトアルデヒドに分解され、更に酢酸に分解されて排出される、いうのは有名な話。
まずアルコールからアルコール脱水素酵素ADH1Bによってアセトアルデヒドが発生する。このアセトアルデヒドが有害な物質で、赤うなったり気分が悪うなったりする原因だ。アセトアルデヒドは癌のリスクを高めるとされている。
次にこれはアルデヒド脱水素酵素ALDH2で無害な酢酸に分解される。
このサイクルがガンガン回る人は酒に強いということだ。

酒に弱い、すぐ赤うなったり気分が悪くなる人というのは、持ってるALDH2酵素が少ないいうことでこれは遺伝する。ウチは父親も全くの下戸だったが、日本では北陸東海近畿中国地方に多い。東北北海道九州の人は概ね酒に強い。
酵素が少ないのに酒を飲むと体内にアセトアルデヒドが長くとどまってリスクが高い。
酒が弱いのに飲んだり飲まされたりするんはヤバイいうことだな。俺っちがほとんど飲まないのは正解というわけだ。

最初のアルコールを分解するアルコール脱水素酵素ADH1Bが少ないとどうなるかというと、アセトアルデヒドの発生が遅いのでいい気分が長続きして一見強そうに見えるそうだ。しかし二日酔いとかになりやすい。アル中にもなりやすくこれはこれで危険ということだ。

#FBpost

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする