インスタグラムでのリポスト(リグラム)は著作権違反じゃないのか?

インスタグラムで他人の写真を投稿するのをリポストとかリグラムとか呼び、そのためのアプリも出回っている。
特にまとめ的なアカウントでは全部の投稿がリポストということが多い。しかしツイッターと違い、運営が公式に許可しているわけじゃない。これって著作権違反に当たらないのかと疑問に思った。
ネット上には違反画像がゴマンと溢れているが、著作権違反は親告罪なので、マーケティング的な意味合いで著作権者が放置している場合が多いし、最初から2次使用を意図してると思えるのも多い。

インスタグラムのヘルプセンターを見るとこう書かれている。

ほとんどの場合、第三者が著作権著作物を許可なく使用してはいけません。侵害の意図がなくても、著作権侵害にあたる可能性があります。次のような場合でも、あなたが第三者のコンテンツを使用すると、著作権侵害になることがあります。「著作権所有者へのクレジットを付けた場合」

つまり、原作者のクレジットを付けていても著作権侵害になることがあるということだ。

では実際例はないかと思って探してみると「インスタグラムで勝手に転載(リポスト)された。」という記事を見つけた。
これを見ると

インスタから通知が来たので(他人が自分のアカウントを書いて投稿すると通知が届く)見てみると、事前の許可も無かったのにリポストされていたというもの。相手先に掛け合うと、クレジットを付けているんだからいいじゃないかと言って埒が明かないので、運営に訴えた。
運営からは、その写真があんたのオリジナルと証明できないとどうにもできないと回答が来た。たまたまトリミングした写真だったので公開していない元の画像を送った。すると著作権者だと認められたらしく、当該写真を削除してくれた。その後そのアカウントも無くなってた。

ということだ。
中々著作権の証明も難しい。画像データ付きの写真を残しておけということだな。
この場合、相手が自分のアカウントを記述しておいてくれたんで通知が来たけど、それもないパクリだと中々分からんかったろう。
リポストも著作権の侵害になり(引用には当たらないし)もしリポストする時は相手先の了承が必須ということが分かる。

てなことを見越して、俺っちはだいぶん前から猫ラテの写真にはクレジットを入れている。

#FBpost

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする