キーボードの事から日本語の使い方に脱線した

CIMG7482TR

キーボードとか日本語入力とか、みんなどんな風に使ってるんだろうか?案外他人の事はわかってないよな。
とここまで書いてきて、はて?と思った。
「ひとのことは」言いたくて打ち込むと「人の事は」と変換されたが、他の人の事はと言う意味なんだからちょっと違和感があり、「他人の事」と打ち替えた。他人の事の方が意味が伝わりそうなんだな。
しかし他人をひとと読ませることは合ってるのか?
ということで調べてみた。
NHK文化研究所というサイトによれば

《もともと「他人(たにん)のこと」を意味する語・ことばには「ひとごと」という言い方しかなく、この語に戦前の辞書は「人事」という漢字を主にあてていた。ところが「人事」は「じんじ」と区別できないので「他人事」という書き方が支持されるようになり、これを誤って読んだものが「たにんごと」である。》

上記の背景を指摘したうえで、用語委員会は決定の理由を「このような背景から考えると、いたずらに類義語を増やすものとしても、このことばの使用は勧められない」と結んでいます。   なお、「他人」を「ひと」と読むのは表外音訓(常用漢字表にない読み)です。

(『NHK日本語発音アクセント辞典』P766、『NHK新用字用語辞典 第3版』P471、『NHKことばのハンドブック第2版』P172参照)

うーん、なるほど。そうなんだ。
じゃあ「人の事」か「ひとの事」と書くべきか。

この記事は脱線してしまったので、キーボードのことは次回に回そう。

#FBpost

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする