広島弁の「おいい」をどう書くか悩んどる件

昨日「他人」を「ひと」と読ませるのはどうなん?ゆう記事を書いたよね。

キーボードの事から日本語の使い方に脱線した
キーボードとか日本語入力とか、みんなどんな風に使ってるんだろうか?案外他人の事はわかってないよな。 とここまで書いてきて、はて?と...
Facebookでコメントが付いたんで、日本語は同音異義語もおいいよね、と書いた。
標準語の「多い」、広島では「おいい」と発音する。「おおい」言うのはものすごく抵抗がある。
ネットで検索すると、チラッと見ただけでも山口から島根、岡山辺りは「おいい」地域だ。
オラの場合、その文章によって広島弁ベースと標準語ベースを使い分けとるんよね。
で、広島弁ベースで書いとる時が問題。「多い」と書くと「おおい」としか読んでもらえんじゃろ?この辺の人は「おいい」と読むじゃろうけど。
「多いい」と書けば「おおいい」と読まれるかね。
まあ「おおいい」の方が「おおい」よりはましじゃけど、やっぱり妥協の産物みたいな気がする。じゃけん、最近は仮名で「おいい」と書いとる。ブログならルビ振るゆう手もあるけど、Facebookじゃあタグ効かんしね。
ほいじゃけえ他地域の人、「おいい」は「多い」の意味なんじゃ思うてね。m(_ _)m
因みに、Google日本語入力もだいぶ方言に適応してきたけど、まだまだの部分もあるね。