楽天スマートペイとかSquareとかのスマホ決済を考える

スマホ決済L

数年前に、スマホ決済サービスのSquereが日本に進出し、楽天等も新たなサービスを作ってそれを迎え撃つ構図になったという記事を読み、何となく頭の片隅に入れといた。
すると今回、ちょっとこれは考えてみてもいいかなという事態に遭遇した。
それはトライアングルを見て、案外訪れる人があったことに始まる。

山口のタウン誌「トライアングル」に載りました
この前取材に来て、GW前に発行とな。 昨日、送られてきた紙面をまだ開いとらん時に問い合わせの電話があってアワアワした。 ...
連休ということもあり、何組かのお客さんがあったんだ。そうそう人が来るとは思ってなくて油断してたために釣り銭が切れた。うちはド田舎なんですぐに何とかするということもできん。
その時は、振替用紙渡して後日振り込んでもらうようにして切り抜けたが、そんな時スマホ決済があればカードで決済できたんじゃなかろうかと考え、現状を調べてみた。

代表的なのは

あたりらしい。他にもあるが、一般的なクレジット決済の延長という匂いがする。
いずれも初期費用は無料。振り込みは翌日から1周間以内と素早く振り込まれるので問題ない。手数料は3.24%~3.75%とこれも大差ない。
弱小個人業者にとって、一番気になるのは導入費用とランニングコストだ。
初期費用無料といってもカードリーダーは要る訳で、各サービスによりここがかなり違う。表にしてみると

サービス リーダー価格 リーダーの使用方法 対象カード
楽天スマートペイ 9,800円
(無料になるキャッシュバックキャンペーン中 ※0,1)
Bluetooth接続の端末 Visa
MasterCard
AmericanExpress
(二次審査後JCBも)
Square 4,980円 イヤホンジャック差し込み式リーダー Visa
MasterCard
AmericanExpress
Coiney 19,800円
(無料になるキャッシュバックキャンペーン中 ※0,2)
Bluetooth接続の端末 Visa
MasterCard
AmericanExpress
(二次審査後JCBも)

※0 2016.5月時点
※1 審査通過月を含め4ヶ月以内に楽天スマートペイを使って3万円以上の決済を行うこと
※2 審査通過後の審査通過月を含む4ヵ月以内に、ひと月でも総額30万円以上の決済があること

いずれもICカードに対応している。(PayPal Here はICカード対応ができずに撤退したらしい。)
Squareだけちっこいリーダーで安い。その後の処理は全部アプリ画面でやる。他のはテンキー付き。
Coineyのリーダーは高いし、ひと月30万の使用なんてありえないんでこれは脱落か?
楽天の3万円というのは総額ということかな?
いずれもアプリで管理する訳だが、使い勝手は実際に使ってみないと分からない。
SquareはJCBに対応していない。しかし極端に言うとVisaがあればいいようなもんだろう。
あと気になるのはお客様控えの発行だ。ペーパーレスが基本だがレシートプリンタも使える。

サービス ペーパーレス レシートプリンタ
楽天スマートペイ メールで送る スター精密SM-L200 20,800円
Square SMSかメールで送る スター精密SM-S210i他、大体3万円台~
Coiney メールで送る スター精密SM-S210i他、大体3万円台~

お客にとってはまだ紙の方が安心感はあるだろうか。しかしプリンタは高いよね。
まあ検討する点としてはこんなところだろうか。

#FBpost