猫飼いだけど、Acer Aspire 5750 を分解して冷却ファンを清掃した

またまたパソコンの調子が悪くなった。ブラックアウトしたり、極度に全ての動作が遅くなる。前回同じ様になった時の顛末はFacebookに書いた。

パソコンがクラッシュして、この数日スマホでしかアクセスできんかったんです。最悪買い替えかとも思ったけど何とかなったんで、経過をメモしとこう。何もしないのに、Wndows7がブラックアウトしてた。再起動してもスタートアップ修復画面を繰…

Posted by 永野 やぎ on 2016年1月31日

この数週間後にまた再発した。それにファンが回りっぱなしになってる。
裏からスリット越しに見ると、ファンに埃が付いてるのが見えるので、分解して掃除することにした。
参考にしたのは、YouTubeの動画。


5750でも機種によりオプションの違いがあるが、基本的なシャーシーの構造は同じだろう。

戻す時に分かるように写真を撮りながら1行程ずつゆっくり行う。
コードを外して裏返し、ネジを全部外す。バッテリーはこないだから外したままで使っている。

Aspire5750_1_n

パネルを開けて左側のハードディスクを外す。右のメモリは静電気に注意して触らない。

Aspire5750_2

真ん中のWiFiのアンテナを外し、ネジも外して基盤を抜き取る。

Aspire5750_6_n

更に中央左のDVDドライブも抜き、表に返す。
表に返したら、キーボードを外す。キーボードの周囲にある押さえを押しながら端から徐々に外していく。
キーボードの裏はコネクターでつながっている。
コネクタを外し、テープ状のコネクタ2箇所とネジ5本を外すと上面パネルが取れる。

Aspire5750_11_n

Aspire5750_13

これでマザーボードが現れた。上側のコネクタ4つを外し下のネジを外してUSBのコネクタを抜き取る。更にボードを固定しているネジ2本を取る。この辺は動画と少し違う。
白いコードを抜き取り、黒いコードを緩め、マザーボードを外す。マザーボードの裏はコネクタで繋がっているのでこれも外す。

Aspire5750_14_n

これでマザーボードが取り外せた。

Aspire5750_15

マザーボードを裏返してみる。

Aspire5750_16

CPUの冷却ユニットは外さなくてもファンの清掃はできそうだ。外してグリスを塗り替えるのが理想だろうが、今回そこはパス。グリスも用意してないし。

Aspire5750_17

排熱用のヒートシンクや冷却ファンに埃が溜まっているのが見える。これでは冷却効果が弱い。

Aspire5750_18

すごい埃。これ、猫のいる家は特に貯まるんじゃなかろうか。要注意だ。

Aspire5750_19

この埃を筆やらコンプレッサーを使って吹き飛ばす。コンプレッサーかエアダスターは必須だ。
構造から見ても、外から埃を吸い上げようとしたり、エアーで吹き飛ばそうとしたりするのは無意味だと分かる。

Aspire5750_20

きれいにして組み上げる。

Aspire5750_21

あとは、手順を遡って元通りにするだけ。
お約束のネジの余りも出ずに無事組み上がった。
1回位はエラーが出るかと思ったが、以外にもすんなりOSが立ち上がった。
しかし、事はこれで終わりではなかったのだ。それはまた次回。

因みに、ひょっとするとこの記事を見て同じことをしようとする人がいるかもしれないが、つくづく慎重に自己責任で作業してもらいたいものだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする